leafee magで空き巣対策、スマホから鍵の閉め忘れをチェック

B! pocket

leafeeのロゴ

leafee mag(リーフィー・マグ)は、窓やドアの閉め忘れをスマホから確認できるセンサーです。

鍵の無施錠は、空き巣の大好物です。防犯グッズを使ったりホームセキュリティを導入するよりも、防犯意識を高めて戸締りをしっかり行うことが、もっとも重要な防犯対策になります。

今回は、防犯意識を高めるのに最適なleafee magについてまとめました。

空き巣は鍵が開いている場所から侵入する

空き巣と家

警察庁の調査により、45%の空き巣は鍵がかかっていない玄関・窓から侵入することがわかっています。

無施錠の窓やドアから侵入することを「無締り」を言います。無締りは形跡を残さずに部屋の中を物色できるので、侵入された事実や盗られた物に気付けない可能性があります。

空き巣の発生件数と発表されている数は、認知されている件数であって、実際にはさらに多くの空き巣被害が起こっています。

へそくりや通帳は、毎日手に取るものではありません。家族がいると「誰かが持って行ったかも」と思いがちなので、空き巣被害だと気づかず警察に通報しないケースも多いです。

無締りが怖い理由は、以下の通りです。

  • 空き巣の侵入に気がつかない
  • 盗られた物に気がつかない
  • 警察への通報が遅れる、またはされない
  • 犯人と鉢合わせの危険がある
  • 盗聴器などが仕掛けられる可能性もある

侵入の痕跡が残らないので、よほど部屋の状態に敏感でなければ変化に気付くことは難しいです。部屋の中が常に散らかっている状態では盗られた物にも気付きにくいので、整理整頓を心掛けると安心です。

静かに侵入されるので、万が一部屋に犯人が潜んでいた場合は鉢合わせする危険性もあります。また、空き巣の目的が窃盗ではなく、盗聴器を仕掛けることだったという事件も発生しています。

空き巣は思いもよらない方法で侵入しますし、1階じゃないから大丈夫と油断している家に目をつけます。立地や階数に関係なく「鍵をしっかり閉める」ということは重要です。

leafee magの使い方

リーフィーマグの白

leafee mag(リーフィー・マグ)は親機と子機がセットになっています。磁石を活用しているセンサーで、親機と子機が1cm以上離れると、鍵が開いていると判断します。

マグネットの入った子機は、親機と並行にぴったり揃う必要があります。子機が親機に対して垂直な状態では鍵が開いていることになるので、玄関鍵のつまみに子機をセットして鍵の開閉をチェックすることも可能です。

スマホとの連携はBluetoothで行うので、Wi-Fiルーターやネット回線は必要ありません

ただし、外出するとBluetoothの範囲から出てしまうので、基本的には家の中でセキュリティを確認するために使います。

leafee magの代表的な使い方には以下のようなものがあります。

玄関の鍵
つまみに子機、近くに親機を貼り付けます。鍵のつまみが縦・横に動く性質を利用して、きちんと鍵を閉めているかどうかを確認します。
窓のクレセント錠
窓ガラスに親機、クレセント錠に子機をつけます。窓の戸締りをチェックできます。
エアコンの風向板
エアコン本体に親機、風向板に子機をセットします。エアコンが動いているときは風向板が開いているので、鍵が開いている、つまりエアコンが付いている状態だとわかります。
冷蔵庫の扉
冷蔵庫の扉に子機、本体に親機を貼り付けます。冷蔵庫の閉め忘れ、小さい子供のいたずら防止にも役立ちます。
引き出し
机や棚の引き出しにセットして、自分以外の誰かが開けると通知が来るように見守ることも可能です。
ペットのゲージ
ゲージの本体に親機、扉に子機をセットすると、ゲージの扉を閉めたかどうか確認できます。

アイデア次第で、各家庭に応じた使い方ができるので便利です。外出時に窓の戸締りはチェックするけれど電化製品まで気が回らなかった方も、スマホで一気に確認できるので漏れがありません。

leafee magのメリットは、確認すべき場所の状態が一目でわかることです。特に戸建ての場合は、窓の数も増えますし各部屋にエアコンが付いていることも多いです。

一つ一つチェックすると時間がかかる上に、確認漏れが出てくる可能性もあります。たとえば以下のような場面でleafee magは便利です。

こんな場面で便利

・玄関で靴を履いた後に、窓の鍵を閉めたかどうか気になる

・2階のエアコンを消したかどうか確認しに行くのが面倒

・冷蔵庫の扉を閉めたつもりだったのに開いていた

・換気用に普段使わない窓を開けていたら閉め忘れた

・ベッドに入った後に、玄関の鍵を閉めたかどうか心配になる

leafee hubで外出先からも状態確認

外でスマホを触る女性

外出先からもリアルタイムで鍵の状態を確認したい場合には、月額980円+税でスタンダードプラン(Premiumとも呼ばれる)に加入すると便利です。

leafee magを購入し設置すれば、家の中でセンサーの開閉を確認することは無料で行えますが、Bluetoothの範囲内に限られます。

スタンダードプランに加入すると、どこにいてもleafee mag(最大8台まで)の監視をすることができます。Wi-Fi環境とleafee hubのレンタルが必須です

つまり初期費用は、

  • leafee mag:定価2,580円+税/台
  • leafee hubのレンタル代:8,800円+税

が必要です。leafee magの設置が1台の場合は、合計11,380円+税から始めることができます

leafee magは、公式サイトから購入するよりも、Amazonや楽天を使うと定価よりも安く買える場合があります。

【スタンダードプラン(Premium)のメリット】

スタンダードプランに入るメリットは以下のようなものがあります。

  • leafee magを最大8台まで管理
  • 2台のスマホからleafeeアカウントにログインできる
  • 外出先から鍵の状態を確認
  • LINEの個人トーク・グループトークと連携できる

leafeeはLINE Botに対応することで、leafeeアプリをダウンロードしていない家族にも通知が届きます。leafeeの公式動画をご覧ください。

leafeeアカウントにログインできるのは2台のスマホのみですが、LINEと連携すると、招待できるグループの人数に制限はないので、家族全員で鍵の開閉をチェックすることが可能です。

センサーが反応するたびに「開いています」「閉じています」と通知が届きます。センサーごとに通知の有無を選択できるので、すぐに確認したい場所以外の通知を外すことも可能です。

玄関にleafee magをつけている場合は、開閉の通知で、家族の外出や帰宅を把握することができます。

LINEの機能を利用すると、子供や高齢者の見守りにも使えます。見守りや防犯対策としてホームセキュリティを導入する場合、初期費用は10~30万円かかります。

低価格で家族の活動状況をチェックできるので、leafeeの契約者は30~50代の男性が多いです。

一人暮らしにはチェッキーもおすすめ

チェッキー

玄関鍵の閉め忘れのみをチェックしたい場合は、ChecKEY(チェッキー)が便利です。チェッキーは、鍵カバーのような見た目をしていて、ドライバーで簡単に取り付けられます。

鍵を閉めると表示窓の色が変化し、目で施錠を確認することができます。自宅の鍵が左回しの場合はオレンジに、右回しの場合は白色に変わります。

ただしチェッキーが使える鍵は、MIWAの刻印が入っていて、鍵を横向きに差し込むタイプのみです。ノブの中に鍵穴があったり、鍵穴にシャッターが付いているタイプには使用できません。

チェッキーはホームセンターやネットで簡単に購入することができます。価格は1,000円ほどです。

家族でチェッキーを使用する場合には、注意が必要です。

朝のばたばたしている時間には、最後に家を出る人のみが玄関の鍵を閉める家庭も多いです。その場合は、最後に鍵を閉めた人のチェッキーのみ色が変化しています。

そのため、鍵を閉める習慣付けとして子供のみがチェッキーを使用するなど調整する必要があります。

逆にチェッキーは、一人暮らしの方にぴったりです。

一人暮らしの方におすすめする理由

学生や社会人で一人暮らしの方は、家を留守にしている時間が長いです。空き巣は侵入する前に下見をして、住んでいる人の生活パターンを把握し、確実に部屋に人がいない時間を狙います

何時に家を出て、何時に帰ってくるのか、パターンを読まれている場合には、鍵の閉め忘れの危険性が増します。

窓ガラスなどを割って家に入ると、音がするので犯行は10分以内で終わらせますが、無締りは静かに侵入できるので、長居されるかもしれません

オートロック付きのマンションだったとしても、空き巣が侵入する方法はたくさんあります。鍵の閉め忘れをしないように、チェッキーで意識することが大切です。

チェッキーのデメリットは、使用できる鍵の種類が限られていることです。使用できない種類の鍵では、leafee magを使うと便利です。

チェッキーはこちら(楽天市場)

LINEと連携できるので便利

ドア・窓の鍵だけでなく、冷蔵庫・エアコンなどの電化製品にも使用できるleafee magは、一度使うと継続率がとても高いと評判です。

スマホの画面を一目見るだけで、鍵の閉め忘れをチェックできるので、外出前の慌ただしい時間の節約ができます。

空き巣は、鍵がかかっていない場所を見つけて忍び込みます。無締りで侵入されると、侵入されたこと・盗られた物に気付きにくいです。

ホームセキュリティに入ることも大切な防犯対策ですが、初期費用の負担は大きいです。leafee magを使うと、鍵の閉め忘れを簡単に確認できるので、空き巣対策に役立ちます。

leafeeのスタンダードプランに入ると、外出先からいつでも鍵の状態を見られる上に、LINEと連携できて便利です。LINEと連携すると、leafee magが開閉を感知と通知が届くので、家族の帰宅時間も知ることができます。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較

防犯対策その他の記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気のホームセキュリティ

人気の記事

人気のカテゴリ