アルソックのプラン比較、お得なのは買取・レンタル・ゼロスタート?

B! pocket

アルソックのステッカー

ALSOK(アルソック)はプランの種類が多いため、組み合わせ次第でどのような家族構成にも対応でき、SECOM(セコム)についで人気があります。

アルソックはセコムよりも料金が安めで、必要なサポートだけを受けられます。警備員の待機場所がどんどん増えてきていて、現在では全国で約2,400の拠点があります。

今回は、アルソックでホームセキュリティを契約するときに知っておきたい、お得な料金プランの選び方をまとめます。

アルソック 公式サイトはこちら

セキュリティプランの料金

鍵

アルソックは家族構成によって「Basic」「Premium」「アパート・マンション」「みまもりサポート」の4タイプからセキュリティタイプを選びます。

窓やドアに付けるセキュリティ機器は同じですが、日常的に操作するコントローラーの種類が異なります

Basic、Premium、アパート・マンションの3タイプは、ホームセキュリティならではのサービスが豊富です。

  • 玄関・窓からの侵入
  • 押し売り・急病の非常通報
  • 火災の感知

センサーが異常を感じ取ると、ガードマンが素早く自宅に駆けつけ、状況に応じて警察や消防に連絡してくれます。

アルソックは、ガードマンの現在地をGPSで常に把握しているので、現場にもっとも早く到着できる人を選んで派遣します。口コミでも「アルソックの対応が早い」と評判です。

みまもりサポートは、高齢者の一人暮らしに最適なプランで、防犯というよりは急病に力を入れています。

各タイプの特徴と料金を詳しく説明します。

Basic

Basicのコントローラー

Basicは一般的な戸建てに向いています。グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな見た目で、部屋の美観を損なうことなくセキュリティを強化できます。

専用のIDキー・暗証番号・スマホアプリのどの方法からでも、セキュリティ状態の変更できて便利です。

スマートフォンを持たない子どもや高齢者にIDキーを渡し、親世代がスマホから操作する、という使い方もできます。

コントローラーに3G回線が内蔵されているため、通信回線を新たに用意する手間がありません。在宅モードと外出モードの切り替えが可能で、警備エリアを細かく10か所に分けて設定することが可能です。

4LDKの料金例は以下のとおりです。(※税別)

【Basic・4LDK】 買取 レンタル ゼロスタート
月額料金 3,500円 6,870円 7,760円
工事費 53,000円 53,000円
機器費 194,600円

Premium

Premiumのコントローラー

Premiumは二世帯住宅や店舗と一体となった住居など、部屋数の多い家に向いています。

複数台のコントローラーを設置できるので、親世帯・子世帯や店舗・住宅を完全にわけてセキュリティ状態を変えられます。プライバシーもしっかり守られ、それぞれが別でホームセキュリティを契約するよりもお得です。

コントローラーはタッチパネル式で、操作がしやすいと評判です。半透明のカバー部分に好みのシートを挟み込むと、部屋の雰囲気にあわせてアレンジができます。

在宅・外出をアルソックが見守るモードと、セルフで警備するモードがあります。セルフモードに設定すると、警備員の駆けつけがありません。

二世帯住宅の料金例は以下のとおりです。(※税別)

【Premium・二世帯】 買取 レンタル ゼロスタート
月額料金 4,300円 11,650円 14,670円
工事費 181,100円 181,100円
機器費 435,400円

アパート・マンション

アパートマンションタイプのコントローラー

アパート・マンションの集合住宅にぴったりで、賃貸住宅にもお手ごろ価格でホームセキュリティを導入できます。

Basicと大きく異なるところは、玄関先のライトとIDキーがないことです。ただし、スマホのアプリが使えるため、外出先からでも警戒状態を確認・変更できます。

【玄関先のライトとは】

戸建てでホームセキュリティに入ると、玄関先の目立つところにライトを設置します。アルソックでは「ALSOKライト」と呼ばれています。

ライトを付ける理由は2つあります。1つは、警備員が駆けつけたとき異常のある家を見つけやすいこと、もう1つは、異常事態を周囲に知らせて家族と犯人の接触を防ぐためです。

マンションの場合は、玄関先の廊下は共用スペースになるため、ライトを付けられないことも多いです。

3LDKの料金例は以下のとおりです。(※税別)

【マンション・3LDK】 買取 レンタル ゼロスタート
月額料金 3,000円 5,420円 6,010円
工事費 35,000円 35,000円
機器費 139,800円

みまもりサポート

みまもりサポートのコントローラー

みまもりサポートは、持病のある方、一人暮らしの高齢者に向けたプランです。コントローラーは、ボタンが大きいのでわかりやすく押しやすいため、使い勝手が良いです。

急病に特化したサービスなので、防犯面も強化したい場合には、Basicやアパート・マンションタイプと併用する必要があります。

あらかじめ持病やかかりつけの病院をアルソックに伝えておくと、万が一の場合にもスムーズな引き継ぎができます。

オプションで、ペンダント型の救急ボタン・火災感知・空間センサー・見守り情報配信サービスを付けられます。

見守り情報配信サービスとは

設置した空間センサーの反応を確認して、離れて暮らす家族に定期的なメール配信を行うオプションです。

一定時間にセンサーの反応がなければ、急病などで動きがとれない状態と判断し、警備員が現場に駆けつけます。

センサーの反応がなく「異常」を感知したときだけでなく、センサーが反応し「元気」が確認できたときにもメールが届くので安心です。

みまもりサポートでは、コントローラーに「相談」ボタンが付いていて、24時間いつでも医療スタッフと会話ができます。

病院に行くべきかどうか判断がしづらいときや、ささいな体調の変化が気になる場合に無料で相談できるので、安心して毎日を過ごせます。

コントローラーのみの料金例は以下のとおりです。(※税別)

【みまもりサポート】 買取 レンタル ゼロスタート
月額料金 1,700円 2,400円 2,960円
工事費 11,000円 11,000円
機器費 36,000円

買取・レンタル・ゼロスタートの違い

数字を持つ女性

アルソックには、他の警備会社にはない「ゼロスタート」プランがあります。ゼロスタートプランを選ぶと、初期費用が全くかからず、月額料金のみでホームセキュリティを始められます。

買取・レンタル・ゼロスタートのメリットやデメリットは以下のとおりです。

機器の買取
・初期費用が高くなる
・月額料金が安く抑えられる
・機器は10年保証
機器のレンタル
・初期費用が工事費のみで安く抑えられる
・月額料金が高くなりがち
・機器の修理代が無料
ゼロスタート
・初期費用なし
・月額料金がレンタルプランよりも高くなる
・機器の修理代が無料

ホームセキュリティを長期利用する場合は、月額料金が抑えられている買取プランがお得です。短期で利用する場合は、レンタルプランのほうが良いと言われています。

契約期間は5年です。5年を過ぎると、1年ごとの更新になります。ただアルソックは「短い年数の導入も可能」とあるので、融通が利くと考えられます。

学生の一人暮らしで2~4年の契約を考えている場合は、事前に相談しておくと安心です。

契約期間の「5年」がお得の分岐点

アルソックBasicの料金グラフ

アルソックのBasicで、契約年数ごとにホームセキュリティにかかる総額がどのように変化するのか、料金例をグラフにまとめました。

1~4年目では、セキュリティ機器の費用が含まれるぶん、買取プランが圧倒的に高いです。

レンタルプランとゼロスタートの違いは工事費のみなので、10年を通して大きな差はありませんが、1~2年目の費用が抑えられるのがゼロスタートのメリットです。

4年目でレンタルプランとゼロスタートの差が1万円ほどになります。

5年目に入ると、買取プランが一番お得になります。5年目の時点では差は1万円もありませんが、月額料金が安いぶん、5年目以降は買取プランが圧倒的に費用を抑えられます。

10年契約した場合にかかる総額は、

  • 買取プラン:約66万円
  • レンタルプラン:約87万円
  • ゼロスタート:約93万円

となり、買取プランはゼロスタートよりも26万円ほど安く抑えられることがわかります。

初期費用は必要ですが、長くホームセキュリティを利用したい場合には、買取プランを選択するのがおすすめです。

ただし、セキュリティ機器の無料保証は10年ですので、10年以上使い続ける場合は、修理や交換の費用が必要です。

・1~4年はゼロスタートがもっともお得

・4~6年はゼロスタートとレンタルプランはほぼ変わらない

・5年目以降は買取プランがお得、10年経つとセキュリティ機器の買い替えが必要

ちなみに、今回のグラフはBasicの料金例を参考に作成しましたが、Premium、アパート・マンションでも同様に「5年」が分岐点になります。

10年契約すると、買取プランがゼロスタートよりも断然お得で、

  • Premium:約62万円
  • アパート・マンション:約18万円

の差があります。

ただし、みまもりサポートは契約期間が2年です。それに伴って、料金のグラフもパターンが異なります。

みまもりサポートの料金グラフ

みまもりサポートの場合は、ゼロスタートが割高です。2~4年目はレンタルプランがもっともお得になります。

損しないプランの選び方

家と電卓

アルソックでは、まず最初に家族構成や家の間取りによって、「Basic」「Premium」「アパート・マンション」「みまもりサポート」からセキュリティプランを選びます。

次に料金プランの買取・レンタル・ゼロスタートを決めますが、ポイントになるのはホームセキュリティを何年契約するかです。

1~4年の場合、レンタルかゼロスタートを選ぶと総額が抑えられます。

5年目以降は買取プランがお得になり、10年契約するとゼロスタートよりも26万円ほど安くなります。

機器を買い取ると、初期費用が高くなりがちです。セキュリティ機器は10年間の無料保証が付いていますが、セキュリティ機器は故障することもありますし、メンテナンスも必要です。

レンタルとゼロスタートの金額の差は、買取プランほど大きくないので、初期費用をにかけられるお金の有無がポイントになると思います。

アルソックの資料請求はこちら(無料)

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気のホームセキュリティ

人気の記事

人気のカテゴリ