セコム・アルソックはなにが違う?4つのポイントから比較

B! pocket

セコムとアルソックのロゴ

ホームセキュリティを導入するにあたり、会社の選び方はもっとも悩むポイントです。

SECOM(セコム)は、利用者・駆けつけ拠点がともに業界トップの数で、安定して人気です。

ALSOK(アルソック)は、始めやすい値段で、駆けつけ拠点もどんどん増えているため、セコムの次によく利用されています

今回は、セコム・アルソックの違いはどんなところなのか、4つのポイントから比較します。

セコム 公式サイトはこちら

アルソック 公式サイトはこちら

駆けつけ拠点の数と場所

走っている警備員

ホームセキュリティ選びで、大切なポイントは「駆けつけ拠点」の違いです。

セコムでは約2,800、アルソックでは約2,400の待機場所があります。

具体的な場所がどこにあるのかは、防犯の都合で、ネットに公開していません。

万が一トラブルにあった時、何分で家まで来てくれるのかは重要です。警備業法で「25分以内に到着すること」という決まりもありますが、土地や交通状況によって大きく異なります。

拠点の数が多いほど、自宅近くに待機場所がある確率が高まります。そのぶん警備員の数も多いので、複数の駆けつけが同時に起こった場合でも、対応が早いと考えられます。

自宅から近ければ近いほど、緊急時にすぐ駆けつけてくれるので、ホームセキュリティに入るメリットが大きくなります。

ホームセキュリティの見積もりをとるときに、営業の方に直接きくと、自宅近くの待機場所を教えてくれます。拠点数を参考にしつつ、より自宅近くに待機場所のある会社を選ぶのがいいと思います。

ちなみに、両社とも、警備員がどこにいるかをGPSで常に把握しています。自宅にもっとも速く駆けつけられる警備員に来てもらえるので、安心です。

プランの種類と中身

セコムには「NEO」「スマートNEO」のプランがあります。

アルソックには「Basic」「Premium」「アパート・マンションプラン」「みまもりサポート」のプランがあります。

家族の構成や、状況によって以下のように分けられます。

セコム アルソック
戸建て NEO Basic
マンション・アパート・戸建て小規模 スマートNEO アパート・マンションプラン
二世帯・オフィス兼用の住居 NEO Premium
高齢者の見守り スマートNEO みまもりサポート

セコムは、選べるプランの数が少ないぶん、機器の数やサポートがしっかりしています。

アルソックは、家庭の状況にあったプランを選ぶことができます。最低限の機器ではじめることが可能なので、価格を抑えられます。

例えると、セコムは内容が決まっているコース料理、アルソックはそれぞれで調整できるビュッフェ、のようなイメージです。

トータルで任せたいならセコム必要なところが決まっているならアルソックを選ぶのが無難です。

見積もりをとると、家の中・周りもふくめて、対策したほうがよい場所を知ることができます。家庭の状況や、希望にあったプランを提案してもらえます。

機器のレンタル・買取で大きくかわる料金

電卓を持った女性

同じプランでも、セキュリティ機器を「レンタル」するか「買取」するかで、月額料金・初期費用に差がでます。

レンタルでは、月額料金は高くなりがちですが、初期費用は安く抑えられます。買取では、初期費用は高くなりがちですが、月額料金を抑えることができます。

月額料金をおさえたいか、初期費用をおさえたいか、それぞれの家庭にあったプランを選択する必要があります。

戸建ての料金比較

今回は戸建てを想定して、セコムの「NEO」とアルソックの「Basic」の料金を比較します。(すべて税別価格。)

【レンタル】 セコム「NEO」 アルソック「Basic」
月額料金 6,800円 6,870円
工事費 58,000円 53,000円
保証金 20,000円 0円
【買取】 セコム「NEO」 アルソック「Basic」
月額料金 4,500円 3,500円
工事費 0円(機器費に含む) 53,000円
機器費 427,300円 194,600円

レンタルの場合、大きな差はなく、アルソックのほうが少し安い程度です。買取になると、アルソックがかなりお得です。

加えて、アルソックには、独自の料金プランとして「ゼロスタート」があります。

ゼロスタートでは、初期費用が一切かかりません。機器はレンタルになりますが、月額料金7,760円(税別)のみでホームセキュリティを導入できます。

初期費用をかけたくない場合におすすめです。

5年継続した場合の料金

ホームセキュリティは5年契約が多いです。5年間でかかる料金は以下のようになります。

【5年間でかかる料金】 セコム「NEO」 アルソック「Basic」
レンタル 486,000円 465,200円
買取 697,300円 409,900円
ゼロスタート 465,600円

セコムは5年の契約では、買取プランのほうがまだまだ高いです。80%近くの人がレンタルプランを選んでいるので、レンタルが無難です。

アルソックのレンタルとゼロスタートプランでは、5年で同額程度になるように設定されていることがわかります。買取では6万円弱、安くなります。

ただし、料金比較はほんの一例です。実際には、機器の数や種類によって、値段が下がることも上がることもあります

機器をレンタルするか買取するかの参考として、細かい料金は、見積もりをすることが重要です。

何か起こったときの見舞金

万が一、被害にあった場合は、セキュリティ会社から補償金が支払われます。

補償金はセコムのほうがしっかりしています。月額料金や初期費用が高いのは、補償があるためです。

セコムの補償金
盗難保険:現金・貴金属が50万円、家財が200万円まで
災害見舞金:10万円単位で100万円まで
アルソックの補償金
被害の大きさにかかわらず、一律10万円(Basic・Premiumのみ対象)

ホームセキュリティに入れば、被害に合わなくなると思いがちです。しかし実際には、被害を100%防ぐことはできません

たとえば、泥棒が常習犯であれば、機器にも詳しいので、セキュリティを破ってくる可能性があります。

火災はどれだけ気をつけていても、ふとした瞬間に起こります。もし発見が早ければ、被害を最小限にとどめられます。

空き巣に入られたり、火災が起こっても、補償金があると安心です。

気をつけたいポイントは、「被害に合わないかどうか」ではなく「被害を小さくできるかどうか」です。月々の料金は高くなりますが、補償がしっかりしているセコムを選ぶ価値はあります。

セコムとアルソックは結局どちらがいいのか?

セコムとアルソックの比較

セコムとアルソックの違いは何か、4つのポイントを整理します。

駆けつけ拠点の多さはセコム
ただし、家と待機場所の距離が近いほど、駆けつけ時間は短くなります。
プランの種類が多いのはアルソック
しっかりサポートならセコム、必要なところだけならアルソックを選ぶのがおすすめです。
料金が安いのはアルソック
初期費用がゼロではじめられるプランがあるのが強みです。
見舞金が手厚いのはセコム
アルソックは一律なので、被害が小さければ得することもあります。

セコム・アルソックは全国展開していますが、地域密着型のセキュリティ会社もたくさんあります。

地域密着型の会社では、料金の安さや、地元ならではの関係性をいかして、満足度が高くなっています。

しかしそれでも、セコム・アルソックの契約者が圧倒的に多いのは、豊富な経験をもち、信頼があるからこそだと思います。

迷ったときは、両社とも見積もりをとることをおすすめします。

見積もりをとると、自分の家にどんな対策が必要なのか、知ることができます。値段の相場もわかるので、毎月どのくらいの出費になるのか、具体的にイメージしやすいです。

セコムの資料請求はこちら(無料)

アルソックの資料請求はこちら(無料)

アルソック

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気のホームセキュリティ

人気の記事

人気のカテゴリ