全日警のホームセキュリティを選ぶたった1つのメリットと4つのプランを解説

B! pocket

全日警のロゴ

全日警のホームセキュリティは、全国に展開していて、セコム・アルソック・セントラル警備保障に続く、4番目に大きな会社です。

セコム・アルソックほどの知名度はありませんが、全国各地の主要な空港や、東海道新幹線の警備から得た経験をホームセキュリティに活かしています。

4つのプランがあり、各家庭にあった必要なサービスを選びやすくなっています。

今回は、全日警のプランとメリットを詳しく説明します。

必要なセキュリティで選べるプラン

ホームセキュリティ

全日警のホームセキュリティ「ハッピーガード」では4つのプランから選ぶことができます。

非常・外出防犯・在宅防犯・セイフティの組み合わせで、各家庭にあったセキュリティの程度でホームセキュリティを始められます。

火災・ガス漏れはいずれのプランでもオプションです。

かんたんプラン

かんたんプランは非常時の駆けつけのみに対応しています。在宅中、身の危険を感じたり、体調が悪くなったときに、非常ボタンを押すと、警備員が駆けつけてくれます。

セキュリティ機器がドアや窓に取り付けられるわけではないので、防犯面の効果は薄いです。

一人暮らしの女性・高齢者にとっては、「家にひとりでいるときの安心感」が大事です。

近くに家族や知り合いが住んでおらず心細い場合には、かんたんプランに入っていると、何か起こった時にすぐに駆け付けてくれるので安心です。

駆けつけサービスを利用することで追加料金は発生しないので、「安心」の保険料として考えるのが良いと思います。

おでかけプラン

おでかけプランは、非常時と外出時の防犯に対応しています。

かんたんプランのサービスに加えて、開閉センサー・空間センサーをいくつか設置することで、空き巣に備えています。

一人・二人暮らし向けのマンション・アパートなど、窓が少ない家の場合には、泥棒の侵入口も限られるので、おでかけプランでも十分なセキュリティになると思います。

ただ、一軒家でも、家の周りに、足場となるような壁・電柱・配管などがない場合には、二階への侵入は少ないと考えられます。

二階に設置するセキュリティ機器を最低限に抑えて、一階に守りを固める場合は、セキュリティ機器の数も少なくてすむので、おでかけプランが合うこともあります。

見積もりをとって、専門の知識をもった方に、家のどこが狙われやすいのかをチェックしてもらうことが必要です。

いつでもプラン

いつでもプランは、非常時・外出防犯・在宅防犯に対応しています。

在宅時の防犯というと、少しイメージが付きにくいかもしれません。泥棒には「空き巣」だけではなく、「居空き」「忍び込み」の3種類があります。

空き巣(約70%):昼間など、家に人がいないときに侵入して泥棒する。

居空き(約5%):在宅時、家族がリビングなどに集まっていることを確認して、別の部屋に侵入する。

忍び込み(約25%):深夜など、寝ている時間を見計らって侵入する。夏に窓を開けて寝ると狙われやすくなる。

実は、侵入犯罪のうち空き巣は約7割です。残りの約3割が、居空き・忍び込みで、在宅中に侵入されています。

部屋数が多いマンション、二階・三階建ての一軒家など、リビングに家族が集まるといくつかの部屋が無人になる家庭では、とくに在宅侵入されやすいので、警戒する必要があります。

いつでもプランは、窓やドアの開閉で侵入を感知する「マグネットセンサー」が多く選べるので、家族が多い家庭にぴったりです。

みまもりプラン

みまもりプランは、非常時とセイフティに対応しています。セイフティとは、一定期間、住んでいる方の動きが確認できなかった時に自動通報される仕組みです。

パッシブセンサーは、人が動くことで発する遠赤外線を感知するセンサーです。トイレやキッチンなどの生活動線に設置します。

一定期間にパッシブセンサーの反応がなかった場合に、急病などで動けていないと判断し、駆けつけてくれます。

高齢者のみでの暮らしや、持病がある方には最適のプランになります。

料金はセコム・アルソックと同程度

家と電卓

ホームセキュリティ導入では、まず最初にセキュリティ機器をレンタルするか、買取するかを選択します。

機器をレンタルする場合、初期費用が安く抑えられますが、月額料金が高くなりがちです。機器を買取する場合、月額費用が安く抑えられますが、初期費用が高くなります。

契約期間は5年で満了し、そのあとは1年間の自動更新です。

5年間で必要な総額を計算したところ、レンタルプランが2万円ほど高くなりました。

しかし、レンタルプランでは契約を満了し、解約するときに保証金2万円が返ってくるので、レンタルプランと買取プランはほぼ同額と言えます。

つまり、5年以上契約するとあらかじめわかっている場合は、買取プランがお得になりますが、そうでなければレンタルプランが無難です。

料金プランの例をまとめました。料金は、設置するセキュリティ機器の種類や数によって変わります。

(すべて税別です。)

【かんたんプラン】 機器をレンタル 機器を買取
月額料金 2,900円 1,800円
工事費 30,000円 30,000円
保証金/機器代 保証金20,000円 機器代67,000円
5年間の総額 224,000円 205,000円

かんたんプランは、機器の買取を選ぶと月額料金が1,800円から始められます。

他の警備会社と比べても、ここまでリーズナブルな価格で、駆けつけサービスのみを追加料金なしで利用できるプランはめずらしいです。

万が一に備えてホームセキュリティを考えている場合や、駆けつけサービスの追加料金を心配することなしにホームセキュリティに入りたい場合はおすすめです。

セントラル警備保障では、全日警のかんたんプランと同じ、非常時のみに駆けつけサービスを頼めるリーズナブルなプランがありますが、1回5,000円+税の追加料金が必要です。

セコムやアルソックには駆けつけサービスのみを頼めるプランはないので、かんたんプランに魅力を感じる場合は、全日警のホームセキュリティが最適です。

【おでかけプラン】 機器をレンタル 機器を買取
月額料金 4,100円 2,200円
工事費 36,000円 36,000円
保証金/機器代 保証金20,000円 機器代114,000円
5年間の総額 302,000円 282,000円

おでかけプランは、在宅防犯には対応していないため、リーズナブルです。

セコムやアルソックと比べると、防犯力は少し劣りますが、そのぶん値段がお手ごろに設定されているので、ホームセキュリティ導入がしやすいです。

【いつでもプラン】 機器をレンタル 機器を買取
月額料金 6,500円 3,200円
工事費 84,000円 84,000円
保証金/機器代 保証金20,000円 機器代202,000円
5年間の総額 494,000円 478,000円

いつでもプランは、少し割高な印象を受けます。

防犯力がセコム・アルソックよりも劣るのに比べて、5年間の総額がセコムやアルソックとあまり変わらないためです。

いつでもプランを選ぶのであれば、セコム・アルソックも見積もりし、比較することをおすすめします。いつでもプランと変わらない価格で、全日警よりもしっかりとしたセキュリティが得られると思います。

ただし、全日警のメリットである、スマイルエースのサービスに魅力を感じる場合は、全日警を選ぶ価値があります。

セコム・アルソックについて詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になると思います。

【みまもりプラン】 機器をレンタル 機器を買取
月額料金 5,300円 3,200円
工事費 50,000円 50,000円
保証金/機器代 保証金20,000円 機器代129,000円
5年間の総額 388,000円 371,000円

全日警「みまもりプラン」は、アルソック「みまもりサポート」よりはお手ごろ価格ですが、セントラル警備保障「見守りハピネス」よりは割高な印象です。

セントラル警備保障は初期費用が0円・月額料金3,300円+税~で、全日警と同じ程度のサービスが受けられます。

5年間の総額では、全日警のみまもりプランに比べて、セントラル警備保障の見守りハピネスのほうが約17万円ほど安いです。

ただし、いつでもプランと同様に、全日警のスマイルエースに魅力を感じる場合は、全日警を選ぶ価値があります。

セントラル警備保障「見守りハピネス」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

生活に関するサービスの充実が全日警のメリット

水回りの修理

全日警には「Smile A(スマイルエース)」という大きなメリットがあります。

スマイルエースは、「生活サポート」と「クラブオフ優待サービス」で、日常に困ったことに対応してくれたり、お得なクーポンを配布してくれるサービスです。

どのプランに入ってもスマイルエースの特典を受けることができます。

生活サポートでは、以下のサービスを無料または会員特別価格で頼めます。

  • 水回り・窓ガラス・給湯器のトラブル
  • 電球交換・家具の移動・畳や障子の張替え・フローリングの補修
  • 不用品のリサイクル
  • 医療に関する電話相談

とくに、水回り・給湯器のトラブルは、30分程度の作業なら無料で対応してくれるので、安心です。

全日警のみまもりプランは少し割高ですが、スマイルエースの生活サポートは高齢者に優しいサービスが多いので、入るメリットは大きいと思います。

クラブオフ優待サービスでは、以下のような幅広いクーポンがいつでも使えます。

  • ファミレス・ファーストフード・カフェ・居酒屋などのグルメ
  • レジャー施設の入場料・ホテルの宿泊やサービス
  • 資格取得にむけたスクールの入学金や受講料
  • 引っ越しや冠婚葬祭などの暮らしにかかわるサービス

スマイルエースは、全国展開のホームセキュリティ会社、セコム・アルソック・セントラル警備保障にはない大きなメリットです。

ちなみに、東急沿線に密着したセキュリティ会社である東急セキュリティでも、お得な特典が受けられるサービスがあります。

ただし、全国どこでも使えるクーポンの数や種類は、全日警のほうが豊富です。

駆けつけ拠点が近ければメリットがさらに大きくなる

走っている警備員

全日警は4つのプランからセキュリティの種類を選ぶことができます。

かんたんプラン・おでかけプランはリーズナブルで、ホームセキュリティを導入しやすいです。

いつでもプランでは、セコム・アルソックと比べると、セキュリティ面では劣るのに対して、価格があまり変わらない印象です。

みまもりプランでは、セントラル警備保障において、同程度のサービスを安く受けることができます。

しかし、「スマイルエース」で受けられる、生活のサポートやクーポンサービスは、全日警にしかない独自のメリットです。

逆にいうと、メリットはスマイルエースのみということにもなりますが、生活に関係するほとんどのことについてのサービスが用意されているので、非常にお得だと思います。

ただ、ホームセキュリティは「警備員の駆けつけが何分かかるか」という重要なポイントもあります。

駆けつけ拠点の位置は、見積もりをとって確認します。いくつかの会社で見積もりをとり、自宅からもっとも近い待機場所がある会社はどこか、知ることが大切です。

全日警では、駆けつけサービスで追加料金がかからないので、警備員の待機場所が自宅から近ければ、ホームセキュリティに入るメリットが大きいです。

スマイルエースでたくさんの特典も受けられるので、待機場所の位置によっては、全日警が最適である場合もあります。

全日警の見積もりはこちら(無料)

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール

より良い情報をお届けするため、ホームセキュリティの教科書 編集部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気のホームセキュリティ

人気の記事

人気のカテゴリ