京葉ガスホームセキュリティは火災・ガス漏れに強い、全日警と料金比較

B! pocket

京葉ガスのロゴ

京葉ガスホームセキュリティは、京葉ガスの都市ガス供給区域内にお住まいの方のみが利用できるホームセキュリティサービスです。

全日警と提携し、オーダーメイド感覚で各家庭に合った機器だけを設置できます。全日警は、空港や東海道新幹線の警備を行っていて、警備業界で4番目に大きな会社です。

京葉ガスの都市ガスを利用している方は、割引を受けられるのでメリットが大きいです。

今回は、京葉ガスの供給地域にお住まいの方に、京葉ガスホームセキュリティについて解説します。

ホームセキュリティのメリット

懐中電灯を持つ警備員

ホームセキュリティのメリットは、警備員の駆け付けサービスがあることです。京葉ガスホームセキュリティは全日警と提携し、万が一のときには全日警の警備員が自宅まで来てくれます。

警備員の駆けつけがあると、仕事や旅行で家を留守にしているときでも代わりに対応してくれるので安心感があります。

便りがないのは良い便りということわざのように、「何も連絡がない=家はいつもどおりに安全」ということが遠くにいても実感できます。

警備員の駆け付けサービスは、自宅の鍵を預け、家の中も見回ることになります。もちろん鍵を預けずに、家の周囲のみの確認をお願いすることも可能です。

合鍵を預けることに抵抗がある方も多いですが、ホームセキュリティ会社では、封筒に鍵を入れて割り印した状態で厳重に保管しているところもあります。

急病により救急車で運ばれる場合も、警備員が戸締まりを確認し自宅の鍵をしっかり閉めてくれるので、特に一人暮らしの方には心強いサービスです。

プランは自由度が高い

ガスボンベ

京葉ガスホームセキュリティのプランは、明確にセットが決まっているのではなく、それぞれの家庭に必要なものだけを組み合わせることができます。

極端な例では、機器を1個からでも設置可能です。セキュリティ機器ひとつひとつの値段が明記されているので、予算と相談しながら計画を立てやすいです。

しかしこれは、「必要なところに必要な分だけ」という全日警のコンセプトと全く同じです。駆け付けも全日警の方が来てくれるので、これなら全日警で申し込めばよいのでは、と思う方も多いです。

全日警と大きく異なるのは、火災・ガス漏れ感知のサービスが無料で受けられる点です。

もちろん専用のセンサーの代金は必要ですが、火災・ガス漏れを見守ることに関しての追加料金は不要です。これは、京葉ガスならではの仕組みです。

基本セット

どのようなプランを選ぶとしても、基本セットが必ず必要になります。基本セットは2種類から選べます。

  • 送信機(ボタン操作)
  • 送信機(ボタンなし)+操作機

送信機は2種類あり、ボタン操作の有無にわかれます。ボタン操作が可能な送信機は、壁に設置して使うパネルのようなものです。

ボタン操作なしの送信機は、操作機と組合せて使用します。操作機はリモコン型で持ち運びができるので、玄関に置いておくと、外出・帰宅時の警戒状態の変更が簡単です。

送信機は基本的にリビングなど、家の中心になる部屋に設置します。2階建ての一軒家にお住まいの方はリモコン付きのタイプを選ぶと、送信機がない部屋からもすぐに操作できるので便利です。

オプション

京葉セキュリティのオプション

基本セットに必要なオプションを追加して、セキュリティ対策を行います。

【非常時】

在宅時、不審者や押し売りのセールスマンが来て困ったり、急に体調が悪くなったときに利用できるアイテムは、緊急ペンダント・非常押しボタンです。

緊急ペンダントは、首にかけて持ち運びができます。棒状のボタンを握るだけで簡単に助けを呼べます。

非常押しボタンもワイヤレス式で、リモコンのように持ち運びが可能です。シンプルな作りでボタンも大きいので、子供から高齢者まで、誰でも使いやすい作りです。

【防犯】

空き巣などの防犯に備えるときは、パッシブセンサ・マグネットセンサ・フラッシュライトを利用します。

パッシブセンサ
パッシブセンサは、空間センサー・赤外線センサーとも呼ばれ、人の動きを感知する機械です。リビングや廊下など、侵入者が必ず通る場所に設置することで異常を見つけます。
マグネットセンサ
マグネットセンサは、窓やドアに設置して開閉を感知します。空き巣の6割は窓からの侵入です。窓にマグネットセンサが付いていると、侵入を諦める空き巣もいるので、効果が期待できます。

パッシブセンサ・マグネットセンサを設置する場合は、「外出防犯サービス」「在宅防犯サービス」のどちらかに加入します。

外出防犯サービスは、家を留守にしているときに侵入があると、警備員が駆け付け対処します。

在宅防犯サービスは、外出時に加えて、在宅しているときにもセンサーをオンにし、侵入を見守ります。就寝時や子供の留守番などに便利なサービスです。

【ガス漏れ・火災】

ガスもれセンサ・火災センサを設置すると、ガス漏れ・火災発生を感知すると警備員がすばやく現場に駆け付けて対応してくれます。

機器を設置すればサービス利用の追加料金がかからないのが、京葉ホームセキュリティのメリットです。

火災に巻き込まれて事故になる原因は、逃げ遅れが多いです。火事やガス漏れをいち早く発見し、対応することで、被害を最小限に抑えることができます。

みまもり対処サービス

京葉セキュリティのみまもり

みまもり対処サービスは、高齢者の見守りに特化した専用のセキュリティ機器を設置します。一例として、以下の4つを利用します。

  • 送信機
  • 操作機(リモコン)
  • みまもりセンサ
  • おでかけスイッチ

全日警との違いは、おでかけスイッチがあることです。おでかけスイッチは玄関に設置し、外出時に操作します。電気を消すのと同様にスイッチを押すだけなので、新しい機械に抵抗がある方でも問題なく使用できます。

家の中で転んだり、発作で倒れて非常ボタンも押せないようなとき、一定の生活反応が見られない場合に通報が届くシステムになっているので、孤独死を防ぎます。

全日警と京葉ガスの料金比較

京葉ガスと全日警の比較

京葉ホームセキュリティの料金は、結論から言うと、全日警とほぼ変わりません。むしろ、ほんの少しですが京葉ガスの方が高くなります。

京葉ガスを使っている方は「ペア割」というサービスで、月々500円+税の割引が受けられます。しかしペア割を考慮にいれても、京葉ガスセキュリティが全日警より安くなることはありません。

ただし、京葉ガスでは、お得なキャンペーンを行っている期間があります。キャンペーン期間にホームセキュリティを導入すると、全日警よりお得にサービスを受けられます。

以下、京葉ガスと全日警の料金プランを比較します。機器は買取を想定しています。機器をレンタルする場合、月額料金が高くなりますが、初期費用が抑えられます。

また、カッコ内はセキュリティ機器の設置数を表します。(税抜・ペア割の適用あり)

【非常時】 京葉ガス(2) 全日警(2)
月額 1,900円 1,800円
初期費用 99,800円 97,000円
5年間の総額 213,800円 205,000円
【非常・外出】 京葉ガス(5) 全日警(6)
月額 2,200円 2,200円
初期費用 162,100円 150,000円
5年間の総額 294,100円 282,000円
【非常・外出・在宅】 京葉ガス(10) 全日警(12)
月額 3,400円 3,200円
初期費用 239,300円 286,000円
5年間の総額 443,300円 478,000円

セキュリティ機器の設置数が違うので、一概には比較できませんが、京葉ガスの方が全日警よりも少し高くなっていることがわかります。

また、ホームセキュリティの契約期間は5年です。契約期間内に解約をする場合、解約金が発生することがあります。事前に解約金のことを聞いておくと安心です。

Smile A(スマイルエース)

給湯器の修理

京葉ガスセキュリティでは、全日警と同様に、Smile A(スマイルエース)という生活サポートサービス・クラブオフ優待サービスを受けられます。

生活サポートサービス

生活サポートサービスは、鍵・水回りの住まいに関するトラブルを無料または割引価格で提供します。

無料のサービスは以下の通りです。

  • 給湯器・水回り・窓ガラスのトラブル
  • 電球交換
  • 窓ガラス(高所)の清掃
  • 大きい家具の移動
  • 電話での健康・医療相談

無料のサービスは30分程度の応急措置のみです。スタッフ1名での作業が年2回まで無料になります。健康相談では24時間365日いつでも、医師・看護師などの専門スタッフに話ができます。

管理栄養士から食生活のアドバイスを受けることも可能です。病院の紹介や薬の相談にも乗ってもらえます。

割引や優待が受けられるサービスは以下の通りです。

  • 鍵のトラブル
  • 給湯器の交換
  • フローリングの補修
  • ドア・窓の立て付け調整、畳・障子の張り替え

クラブオフ優待サービス

クラブオフ優待サービスでは、家族全員で使えるお得なクーポンを数多く配布しています。

旅行
国内の日帰りから、海外のツアーや航空券まで、旅行に関するあらゆるクーポンが使えます。旅館やホテルの割引も充実しています。
グルメ
高級なホテルのレストランから、ファミレス・ファーストフードもお得になります。
映画・レジャー・エンターテイメント
映画のチケット、美術館やコンサートの入場券、カラオケ・ボーリングなどの遊び、スポーツ観戦のクーポンも発行しています。
習い事
スキルアップのための大人の習い事(ユーキャン・ABCクッキング・語学など)、子供の塾や通信教育の割引サービスもあります。

京葉ガスを利用している家庭向け

京葉ガスの供給地域

京葉セキュリティと全日警のプランはほぼ同じで、料金にも差がありません

自宅で京葉ガスを使っている場合は、ガス料金と同時にホームセキュリティの支払いができるので便利ですが、京葉ガスの使用がなければ、メリットは少ないです。

火災・ガス漏れのサービスを重視しているならば、京葉ガスホームセキュリティを選ぶと良いかもしれません。

全日警について詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

アルソック

ホームセキュリティに関する記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気のホームセキュリティ

人気の記事

人気のカテゴリ