セコムの高齢者見守りサービスなら急病時に緊急通報が可能、防犯対策も可能

B! pocket

セコムの高齢者見守りサービス

セコムは自宅の防犯サービスで有名なホームセキュリティ企業ですが、近年高齢者の見守りサービスとしての側面が注目されています。

セコムには、高齢者の暮らしを見守るためのサービスが充実しています。

通常の防犯用のホームセキュリティに加えて、体に異常があった時すぐに通報できる仕組みや、専属看護師に24時間電話相談できるサービスもあります。

子供世帯が遠くに住んでいて頻繁に顔を出せない際、代わりに高齢の両親を見守ってくれるのです。

本記事では、セコムの高齢者見守り用プランについて、サービス内容・料金などを詳しく説明していきます。

セコムの資料請求はこちら(無料)

セコムの高齢者見守りサービス料金

シニアと財布

セコムの親の見守りプランは、

  • セコム・ホームセキュリティスマートNEO
  • 救急通報(マイドクター)
  • 安否見守り

がセットになったものです。

セコム・ホームセキュリティスマートNEOは、一般的なホームセキュリティサービスです。マンションやアパートなど、一人暮らし世帯や小さめの家に適したプランです。

緊急時のかけつけサービスや、センサーによる異常感知サービスがついていて、空き巣対策になります。

気軽にセコムに通報できるので、押し売りや訪問販売に困ったときにも助かります。

救急通報は、ペンダント型の端末を握るだけでセコムに通報できるシステムです。急な怪我や病気で苦しんでいるとき、ホームセキュリティリモコンの所までいって通報するのは困難です。

通報装置をペンダント型にすれば、持ち歩きが簡単になります。

安否見守りサービスは、センサーを利用していつも通りの生活を送れているかどうかを確認するシステムです。毎日必ず通る場所にセンサーをつけておき、一定時間反応がない場合に異常信号をセコムに送ります。

これらのサービスの料金は、

料金 レンタル料金 買い取り料金
月額 5,170円 3,300円
初期工事料 49,390円 なし
保証金 22,000円 なし
システム買い取り料金 なし 194,920円

(税込み価格)

となります。

利用者は、最初にレンタルか買い取りかを選びます。

レンタルの場合、初期費用はおさえられますが、月々の料金が割高になります。

買い取りの場合、月々の料金は抑えられますが、システムの買い取り料金が高くなります。

セコムを利用している約80%の方が、レンタルでの契約をしています。

レンタルの方が、ホームセキュリティを気軽に導入できるからです。初期費用を安くおさえたい方には、レンタルでの契約がおすすめです。

見守りサービスの概要

笑顔の高齢女性

高齢者が一人暮らしをするケースは年々増え続けています。内閣府の調査によると、1990年には、65歳以上の高齢者がいる世帯のうち単身世帯が14.9%を占めていました。

2015年には、その割合が26.3%にまで跳ね上がっています。夫婦2人だけで暮らしている世帯を合わせると、65歳以上の方がいる世帯のうち、高齢者だけで生活している世帯の割合は5割を超えます。

この数値から、子供世帯と同居している人がどんどん減っているのがわかります。一方、子供世帯が抱える心配として、離れて暮らしている両親になにかあった時に駆けつけられないことがあります。

セコムの見守りサービスがあれば、お子さんの代わりに両親の危機に対応が可能です。

安否見守りサービス

セコムの安否見守りサービス

安否見守りサービスとは、センサーを通じて高齢者がいつもどおりの暮らしを送れているか確認するサービスです。

ホームセキュリティで活用されている高感度なセンサーを使って高齢者の暮らしを見守ります。

トイレやリビングなど、生活に必ず必要な場所にセンサーを設置して、一定時間感知されなければ異常が起こったと判断します。

異常が確認されると、すぐに信号がセコムに送られ、緊急対処員が駆けつけて適切な処置を行ってくれます。

このサービスは特に一人暮らしをしている高齢者におすすめのサービスです。自宅で倒れても自分で消防・救急に通報できず、衰弱してしまうケースは年々増え続けています。

センサーが自動で感知するので、親御さんは普通の日常生活を送るだけで大丈夫です。難しい機械の操作は必要ありません。

安否見守りサービスでは、センサーを用いて室内での動きを確認するので、防犯カメラのように室内が撮影されるわけではありません。

ですから、プライバシーが侵害される心配はありません。

救急通報サービス

セコムの救急通報サービス

救急通報サービスとは、ペンダント型の端末を握るだけでセコムに救急信号を送れるサービスです。

高齢者の怪我や急病は突然起こります。動けなくなって通報もままならなくなることも多いので、持ち運びできるペンダント型の端末があると便利です。

複雑な操作は必要なく、端末をギュッと握ると通報できです。これは、苦しさを感じた時に、人の手が胸元を掴むような動きをすることから考えられています。

ですから、痛みで上手く動けなくても、自然な形で通報できます。通報すると、セコムのコントロールセンターに信号が送られます。適切な機関への通報や、駆けつけサービスを利用できます。

救急通報サービス専用の端末は、生活防水型です。浴室に持ち込むことも可能です。急激な温度差が起こりやすい浴室で倒れる人は少なくありませんので、

浴室に通報用端末が持ち込めるのは安心です。ただし、湯船にはつけられないので、ご注意ください。

24時間電話相談が可能

体や健康に関して気になることがある場合は、24時間いつでもセコム専属の看護師に電話相談が可能なサービスもあります。

電話相談は無料なので、少しでも気になる点があれば気軽に相談できます。

この電話相談では、健康に関する相談の他に

  1. 人間ドックの紹介
  2. 人間ドックの予約代行
  3. 全国の医療機関のご案内

も行ってくれます。

一人暮らしの高齢者の場合、気軽に体について相談できる相手が少ないです。狭いコミュニティの中で、誤った情報を信じてしまう場合もあります。

専門職の人の話をいつでも聞けるというのは、日々健康に過ごすための重要なポイントです。

その他追加オプション

高齢者見守りプランの基本サービスとして含まれているのは、「セコム・ホームセキュリティスマートNEO」「安否見守りサービス」「救急通報サービス」「電話無料相談」です。

必要であればオプションとして追加でサービスを受けられます。

オプションには、

自動通報+駆けつけサービス:月額990円
スマートフォンアプリと体に装着する端末を使って、体の動きを感知。一定時間動きが無かった場合に、自動的にセコムに救急通報されます。
歩数や消費カロリーなど活動量データの管理もできるので、運動するモチベーションにもつながります。
セコム・ホームサービス:要望ごとに見積もり
いわゆる「家事代行」を行ってくれるサービスです。家事を行ってくれるだけでなく、旅行中の住まいの見回りなど防犯面でも役に立つサービスです。
セコムみまもりホン:月額2,420円(別途加入料11,000円)
専用のスマートフォン端末で、屋外からの救急通報に対応しています。端末についているブザー用ストラップを引っ張るとセコムに通報ができ、状況に応じた対処を行ってもらえます。
あらかじめ持病や服用中の薬、家族の連絡先を「救急情報」として登録できます。119番に通報した時に、医療機関や救急隊員へ情報提供を行います。

(税込み価格)

などがあります。多くの選択肢の中から、必要なサービスを組み合わせられます。

セコム 資料請求はこちら(無料)

ホームセキュリティの防犯サービス

家を両手で包んで守る

セコムの高齢者見守りサービスは、ホームセキュリティに付属したサービスです。見守りサービスの他にも、一般的なホームセキュリティサービスとして防犯対策も行います。

付属するセキュリティ機器一覧

ホームセキュリティ

セコム・ホームセキュリティスマートNEOへの契約で利用できる機器は、以下のとおりです。

主装置軍 機器名 個数
ホームコントローラー 1台
フラッシュライト 1個
防犯センサー 機器名称 個数
窓・扉用センサー 最大3個
空間センサー 最大1個
火災センサー
煙・熱センサー 最大1個

セコムへの通報を行うホームコントローラーや、屋内で異常を感知した時に外にいる人に向けて危険を知らせるフラッシュライト(集合住宅の場合は設置していないことが多い)が主な装置です。

その他、開閉を検知する窓・扉用センサーや、人の動きを感知する空間センサー、火災を察知する煙・熱センサーもついてきます。

ホームセキュリティの3つの基本サービス

懐中電灯を持つ警備員

セコムのホームセキュリティの基本サービスは、

  • センサーによって侵入者を感知する
  • 煙・熱センサーで火災を感知する
  • 非常ボタンでいつでも通報できる

の3つです。

窓や扉につけたセンサーによって、不審者が入ってきたことを感知します。利用者が不在・在宅のどちらでも、異常が感知されれば、即セコムに通報します。

必要であれば、緊急対処員がただちに駆けつけてくれます。

火災やガス漏れを感知してくれるサービスもあります。異常な熱や煙を感知すると、ブザーや音声で火事を知らせてくれます。同時にセコムへ通報を行い、必要であれば消防への連絡もしてくれます。

非常ボタンを使えば、危険を感じた時にいつでも通報可能です。不審な人物が近くにいる場合だけでなく、しつこい押し売りや訪問販売、詐欺グループなどが来たときにも対処してくれます。

高齢者だけで住んでいる場合、断り切れないと見込んだ無理なセールス販売がくるケースもあります。一人で対処するのは難しいですし、若くて大きな男性が相手である場合には恐怖を感じます。

そんなときはセコムの通報ボタンを押して助けを求められます。

両親との相談事にセコムスタッフが同席してくれる

高齢女性のカウンセリング

高齢の方だと、新しくホームセキュリティを導入することを渋る場合もあります。お子様だけでは、システムの説明や導入するメリットを話しづらいと感じた場合には、セコムのスタッフが一緒に説明をしてくれます。

お子様だけでなく、第三者としてセコムスタッフが入れば、感情的にならずに相談できます。

また、セコムスタッフが自宅の構造を見ながら、センサーを設置するべきポイントや気をつけなくてはならない点なども教えてくれますし、具体的な見積もりも作ってもらえます。

遠方でも同席してくれるので、帰省時などに家族が集まったときに話を聞けます。

デモ機器を実際に触れられる

ご両親がホームセキュリティの機器を使えるかどうかを確認したい場合、デモ機器を使ってみることができます。

見積もりや相談の際に、スタッフが実際に使われている機器と同じものを持参します。

セコムの機器やシステムは、高齢の方や小さな子どもでも簡単に使えるように工夫されていいて、難しい端末操作が苦手な方にも安心して使えます。

でも、実際に契約する前に、本物の機械に触れて使えるかどうかを確認してもらうと、親子ともに安心です。

セコム 資料請求はこちら(無料)

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較

セコムに関する記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
遠い土地に住む祖母が一人暮らしになったのをきっかけに、自宅の防犯対策について興味を持ちました。週一で散歩のついでにいろんな家の防犯対策をチェックしています。

より良い情報をお届けするため、むささび式部 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気のホームセキュリティ

人気の記事

人気のカテゴリ